秋田の伝統工芸 川連塗り×ホリエ 川連塗のはんこ「雅」
写真:川連塗り
室町時代からなる
川連漆器の歴史と特徴
秋田県の湯沢市の伝統工芸といったら「川連漆器」。今から約800年前、源頼朝の家人、小野寺道矩(稲庭城主の重道の弟)公が家臣に命じて刀の鞘、弓、鎧などの武具に漆を塗らせたのが始まりとされている。始めは装飾などもなく木製の日用雑貨の耐久性を上げ、長持ちさせるために漆を塗っていた。江戸時代後期になると沈金、蒔絵などの飾りが加わり献上品やハレの日の祝い品として用いられていた。脈々と続いてきた川連漆器は昭和51年、国の伝統的工芸品に指定される。国指定の川連漆器は地場で作られた木地に、地場の職人が昔からの材料を使って塗り上げたものである。木地の仕上げはいぶりがっこと同じ燻煙乾燥をし、最終塗装として「花塗り」を行う。この花塗りこそ川連漆器の特徴である。花塗りは塗りっぱなしで塗った後に磨くことがない。そのため、塗りムラが出ないよう刷け目を見せず、漆を均等に塗る高い技術力が必要だ。川連漆器の漆本来の美しい光沢は熟練した職人技なのだ。
写真:華やかな蒔絵を設えたものをはじめとする川連塗り印鑑のラインナップ
華やかな蒔絵を設えたものをはじめとする川連塗りのはんこ ラインナップ
川連塗りの光沢を放つ
奥ゆかしい美しさがはんこになりました。
ハレの日の祝い品として用いられてきた
川連漆器の技法とはんこの融合。

やはりおすすめは、結婚記念やお祝い事である。
結婚して姓の変わるお嫁さんにぴったりの華やかさ。

また手の油質などを吸収しながら艶感が変化するといわれ
じわじわと年月とともに表情を変えていく川連塗り。
使うたびに表情が変わるはんこはまるで生命を持っているかのようだ。

華やかさと生命力を兼ね備えた秋田シリーズ「川連塗りのはんこ」は
稀少価値が高く他では販売されていない
当店オリジナルの商品です。
写真:川連塗り印鑑「ひょうたん」
ひょうたん
15.0mm(姓名の彫刻)
27,000
写真:川連塗り印鑑「砂子」
砂子
15.0mm(姓名の彫刻)
27,000
写真:川連塗り印鑑「麦波(みう)」
麦波(みう)
15.0mm(姓名の彫刻)
27,000
写真:川連塗り印鑑「笹の葉」
笹の葉
13.5mm(姓名の彫刻)
27,000
写真:川連塗り印鑑「いちょう」
いちょう
13.5mm(姓名の彫刻)
27,000
写真:川連塗り印鑑「秋草(あきくさ)」
秋草(あきくさ)
15.0mm(姓名の彫刻)
27,000
写真:川連塗り印鑑「飛白(かすり)」
飛白(かすり)
15.0mm(姓名の彫刻)
27,000
特別商品につき数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。
また、詳細についてはお問い合わせください。
※表示価格は本体価格となっております。
※ご注文から納品まで約1週間~2週間お時間をいただきます。
※秋田市内どこへでもお伺いいたします。お気軽にお電話ください。
写真:書体見本



おすすめのケース
写真:おすすめのケース
おすすめケース
3,800円~
※表示価格は本体価格となっております。
華落款シリーズもあります
写真:川連塗り印鑑 華落款シリーズ1
写真:川連塗り印鑑 華落款シリーズ2
写真:川連塗り印鑑 華落款シリーズ3
写真:川連塗り印鑑 華落款シリーズ4
華落款シリーズ(皮袋付)
21.0×16.0mm(姓名の彫刻 4文字まで)  29,000
18.0mm角(姓名の彫刻 4文字まで)        29,000
15.0mm角(姓名の彫刻 4文字まで)        27,000
12.0mm角(姓名の彫刻 2文字まで)        21,000
沈金…
漆器の加飾法の一種。
漆塗りの表面に文様を彫刀で浮彫りし、生漆(きうるし)をすり込んだ後、
乾かないうちに金箔や金粉を彫った溝に押し込むことで繊細な文様を描きます。
角型別製ケース
写真:川連塗り印鑑 華落款シリーズ 角型別製ケース
華落款シリーズ 別製ケース
4,500円~
※表示価格は本体価格となっております。
※ご注文から納品まで約1週間~2週間お時間をいただきます。
※秋田市内どこへでもお伺いいたします。お気軽にお電話ください。